賃貸物件のリノベ

賃貸をリノベーションするリスク

賃貸物件のリノベーション

賃貸住宅は、貸し手市場から借り手市場に変わってきており、家主は賃貸物件の価値を高める必要が出てきています。借り手に選ばれる物件にするため、リノベーションをする例も見られるようになってきています。リノベーション後は、家賃が高くなりますが、古い状態にしておいて、空き室が多いままにしているよりも、部屋が埋まる可能性もあります。ただ、それは建物の状態だけで決まることではなく、立地もおおいに関係するため、せっかく建物を刷新しても、部屋が埋まらないリスクもあります。物件余りが続く状況下では、慎重な選択が望まれます。

リノベーション済のマンションを

賃貸マンションの中にはリノベーションが行われた物件があります。一人暮らし用のマンションなどの場合、浴室とトイレが同じ空間に作られているユニットバスが多くありますが、友達などが泊まりに来た時に、トイレと浴室が1つの空間になっていると、浴室を一人の人が利用している間はトイレが利用出来ない、トイレを利用している場合にはシャワーを浴びる事が出来ないなどの不便さが出て来ます。そのため、賃貸物件の中にはトイレと浴室が別々になっている物件もあり、こうした部屋を希望する人が多くなっています。リノベーションは水回りの位置を変更する事が出来るリフォームでもあり、部屋を改造する事でトイレ・バス別の物件にして利用したい人を増やす事が出来るようになります。

↑PAGE TOP