賃貸をリノベした例

賃貸物件のリノベーション例

リノベーション賃貸物件の選び方

賃貸で人気のリノベーション物件選びで失敗しないためには、水回りなどをきちんと改修しているかどうかです。どんなに壁紙やフローリングがきれいになっていたとしても、水回りや配管、設備が古いままだと、すぐに不調の原因となってしまいます。表面上はきちんと補修をされていても、床下などでは、配管の劣化によって水漏れが起こっていることもありますし、カビが増殖しているケースも少なくありません。リノベーションの工事は、役所への届け出が必要ないため、正確な知識がないまま施工をおこなう業者もいますから、中古の賃貸物件を選ぶ際には、十分注意が必要です。

魅力的なリノベーション済の物件

賃貸住宅を借りるときは、築年数が古い物件よりも、新築や比較的新しい物件を選びがちです。しかし、築年数が古くてもリノベーションされている物件なら、新築と大きな差はありません。室内は新築同然の綺麗な状態ですし、最新の住宅設備も整えられているので、極端に使い勝手が悪いと感じることはありません。新築と同じようなメリットがありながら、家賃は安いです。リノベーションされた賃貸住宅なら、築年数が古くても数多くのメリットが存在しているので、不動産会社や住宅情報サイトなどで物件を探すときは、候補に入れてみましょう。

↑PAGE TOP